三島市御園の脳神経外科、脳神経内科、内科、外科、漢方内科

お知らせ
お知らせ

医療ニュース「かくれ貧血について」

かくれ貧血について

健康診断では特に異常はなかったけれど、いつも何となく体がだるい。
その症状は「かくれ貧血」かもしれません。
今回はこのかくれ貧血についてお話します。

フェリチン(貯蔵鉄)を測りましょう

<かくれ貧血とは?>
ヘモグロビン(Hb)値は正常であるものの、体内の貯蔵鉄の量を反映するフェリチン値が低下している状態です。
フェリチンとは、肝臓や脾臓に存在しており鉄分を包み込んで貯蔵鉄を形成し、体内に鉄分をストックする役割があるたんぱく質の一種です。

<症状は?>
主な症状は、疲れやすい・息切れ・気持ちが落ち着かないなど多彩です。
かくれ貧血の症状は鉄欠乏性貧血でも見られる症状ですが、女性特有の不定愁訴として片付けられがちです。
また、かくれ貧血の症状はゆっくりと慢性的に進むため「年のせいだから仕方ない」「女性特有の症状だからこんなもの」と放置されることが少なくありません。

<日本は世界有数の鉄欠乏大国?>
2009年度の厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、フェリチンが15ng/mL未満の鉄欠乏性貧血とかくれ貧血を合わせると、その頻度は日本人女性の約23%にも上回ると推定されます。20~40歳代女性では実に約48%がかくれ貧血です。諸外国と比較した調査によると、他の先進国での鉄欠乏の頻度は20%以下ですが、日本人女性はなんと49.9%となっています。

<女性のフェリチンの基準値が正しくない?>
多くの施設では、女性のフェリチンの基準値は男性より低く設定されています。
これは、フェリチンの基準値を決める母集団に鉄欠乏性貧血や、かくれ貧血の女性が多く含まれているからだと思われます。
日本鉄バイオサイエンス学会によるフェリチンの基準値は男女とも25~250ng/mLであり
12~25ng/mLは貯蔵鉄の減少、12ng/mL以下は貯蔵鉄の枯渇としています。

☆引用:岡田定「あなたも見逃している!?“隠れ貧血”」 医学界新聞 第3488号(5) 2022年10月3日

☆興味のある方は下記URLもご覧ください

Come on House:内科医が教える「かくれ貧血」の原因と対策。効果的に鉄分を摂る方法とは? | from ハウス | Come on House | ハウス食品グループ本社の会員サイト (comeon-house.jp)

オンライン診療
開始いたしました