三島市御園の脳神経外科、脳神経内科、内科、外科、漢方内科

疾患について
疾患について

脳神経外科の疾患

くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ)

くも膜下出血とは、原因の多くが脳動脈瘤の破裂で、好発年齢は50〜60才代であり、危険因⼦は⾼⾎圧、喫煙、家族性、ストレスなどが⾔われております。
未破裂脳動脈瘤は通常の⼤きさでは⾃覚症状はありません。頭部MRI、MRAにて発⾒する事ができます。未破裂脳動脈瘤は必ずしもすぐに⼿術が必要なわけではなく、⼤きさや部位、形状などを加味した上で治療適応の判断を⾏います。

当院でも手術治療が必要な未破裂動脈瘤(みはれつどうみゃくりゅう)が毎年20名ほど発見されております。

画像:くも膜下出血

脳出血(のうしゅっけつ)

脳出血の原因の多くが高血圧性です。高血圧を治療することにより予防できます。

高血圧症に関して、収縮期血圧を積極的に120mmHgまで下げるグループと、収縮期血圧を140mmHgまで下げるグループを対象とした報告があります(SPRINT Research Group, et al. N Engl J Med. 2015.)。
2つのグループのどちらが「脳卒中を含む心臓血管系の疾患の罹患率、またそれらが原因の死亡率」を減らすことができるか調べたものです。
「収縮期血圧を積極的に120mmHgまで下げるグループ」の方が死亡率、罹患率ともに低いという結果でした。

もっとも、すでに動脈硬化が強く血管が狭くなっている患者様には当てはまらない可能性はあります。
当院では、高血圧症でめまい、頭痛などがある患者様にはMRI、MRA、頚動脈エコー検査等で動脈硬化(どうみゃくこうか)の程度を調べ、各個人に合わせて血圧コントロールを⾏っております。

画像:脳出血

脳梗塞(のうこうそく)

脳梗塞にはラクナ梗塞※1、アテローム(動脈硬化性)血栓性脳梗塞※2、心原性脳塞栓症(しんげんせいのうそくせんしょう)があります。
いずれも一次予防には高血圧の治療がかかせません
高齢化社会に入り、心原性脳塞栓症が今後も増加する事が予想されます。

心原性脳塞栓症の多くが心房細動(しんぼうさいどう)という病気によるものです。
当院でもこの心房細動による脳梗塞をみる機会が多くなっております。
この心房細動は1回、1日の心電図では判明しないことがあります。

当院では3日間心電図を測定することのできるイベントレコーダーを導入しており、静岡医療センター循環器内科と連携して診断しております。

画像:脳梗塞

※1 ラクナ梗塞とは…
脳梗塞の中でも、脳の深い場所を流れている細い血管が詰まってしまうことで起きる脳梗塞を「ラクナ梗塞」といいます。

※2 アテローム血栓性脳梗塞とは…
脳の比較的太い血管に、動脈硬化が起きて、脳の血管が詰まって起きる脳梗塞です。アテローム硬化とは、動脈の内膜にコレステロールなどの脂肪からなるドロドロした粥状物質がたまってアテローム(粥状硬化巣)ができ、次第に肥厚することで動脈の内腔が狭くなり、⾎流が減少ないし遮断される現象の事です。

オンライン診療
開始いたしました